航海訓練所の練習船「青雲丸」一般公開イベントでの画像

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


独立行政法人 航海訓練所の練習船「青雲丸」の一般公開が
2015年5月23日24日にみなと祭りのイベントの一環として
福岡県北九州市の門司西海岸で行われました。

練習船「青雲丸」には
日本海運を支える優秀な船舶職員を養成するため
東京海洋大学海洋工学部
神戸大学海事科学部
商船高等専門学校(富山高等専門学校商船学科を含む)
海技大学校
海上技術短期大学校及び海上技術学校
の学生、生徒が乗船し実習航海をしているそうです。

操舵室は迫力満点!
写真 2015-05-24 10 15 46

背後には地図が広がっています。
地図を押さえているおもりは結構重たいので
ぜひ触ってみて下さい。
写真 2015-05-24 10 17 15

操舵室の反対側は資料や計器など
海の上の事務所といった感じです。
写真 2015-05-24 10 20 10

写真 2015-05-24 10 20 32

1階下の実習生用の操舵室は上階のコピーです!
同じ作りにすることで実際と同じように
操縦を学ぶことができるようになっているそうです。

違う点はこちら
自動車学校にあるようなシュミレーション機器です。
こちらで操縦すると
写真 2015-05-24 10 23 55
このおおきな画面に風景が映し出されます。
写真 2015-05-24 10 23 15

こちらは機関室
機械部の生徒さんが説明をしてくれます。
IMG_4254

Sponsored Link


船長室は学校の校長室みたいですよね
写真 2015-05-24 10 25 24

学生さんの部屋は1人部屋になっているようです。
写真 2015-05-24 10 26 03

図書室は英語の本がいっぱい。
船舶職員になるには英語力が必須のようです。
写真 2015-05-24 10 34 59

学生の練習船なので、教室のような講堂もあります。
写真 2015-05-24 10 35 27

とても広いスペースには隅に喫煙所もありました。
写真 2015-05-24 10 27 28

デッキは素足で歩くのが気持ちいいくらい
綺麗に磨かれていてスベスベサラサラ
写真 2015-05-24 10 29 01

実はヤシの実で丁寧に手掛け磨きしているそうです。
写真 2015-05-24 10 32 43

まだ幼い顔の学生さんが一生懸命に説明をしてくれます。
おそらく、名札をしているのが学生で
名札をされていないのが教官ではないかと思います。

これから海の世界へとすすんでいく
夢や目標いっぱいの学生さんと触れ合える楽しい見学ができます。
ただ、船内の階段はとても狭く急なので
動きやすい服装で行かれて下さい。
かなり階段の上り下りがあるので
足腰の調子が思わしくない方は船内見学は難しいかもしれません。

こちらも見学は45分~1時間ほどかかるかと思います。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。