関門海峡花火2015の穴場や駐車場は?交通渋滞情報も!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


毎年8月13日に行われる関門海峡花火大会
19:50〜20:40まで15,000発の花火が打ち上げられます。

観客はおよそ115万人といわれる
大規模な花火大会です。

ですが、花火大会の日以外は
門司も下関も人口も多くなく、
こじんまりとした観光地のため
当日は交通がかなりの混雑に陥ります。image

 

福岡方面へは国道199号線と3号線の2つの道があるため
小倉北区まで9.5キロの距離に1時間半〜2時間かかり
時速5キロ前後の交通渋滞になります。

門司と下関を繋ぐのは関門トンネルと関門海峡ともに
出入口は同じ道になるため
門司から下関に向かうのは時速1キロほどの渋滞となります。

花火終了前の20:30くらいから渋滞が始まり
交通規制が解除される22時くらいまで続きます。
逆にいえば、22時過ぎれば流れ始めるので
花火が終わって2時間ゆっくり過ごして帰宅につくと
ストレスはあまり感じなくてすむということです。

観覧席の設けられる門司港西海岸には
屋台などが並び賑やかなお祭りが楽しめますが
駐車場は大規模なものが
門司港駅、鉄道記念館、鉄道記念館入口
展望台駐車場、門司港パーキングになります。
※海峡ドラマシップ駐車場は観覧場所として閉鎖されます。

元々、JRでのアクセスがいいことと
大規模な観光地でないため駐車場は少なめです。
郵便局や銀行、栄町銀天街や病院など
ちょこちょこパーキングはありますが台数は限りあります。
お昼くらいから観光がてら花火を待つような方が多いです。

門司在住の方は会場の門司西海岸で観覧する方は少ないようです。
関門海峡が見渡せる場所であれば
199海岸沿いでも、3号線から山側に上がった場所でも
楽しむことができるので
帰路を考え、門司駅〜小森江駅〜 あたりで観覧する方が多いです。

199海岸沿いは赤坂海岸公園周辺など
小倉北区からでも楽しめるスポットがあります。
ただ、工場の私有地となっている場所も多いので
ご確認ください。

門司区役所の周りはレジャーシートを敷いて楽しまれてます。
写真は門司区役所からの花火です。

image

門司区役所から山側へ上へ上へと登ると
九州電力の鉄塔があり、ちょっとした展望台になっています。
こういった小さな展望台や公園はちょこちょこと点在していて
地元の方のスポットとなっています。

あとは、
門司港ホテルやその周辺のビルでは
花火を見ながら食事を頂くコースや企画が数多くあります。
金額は10,000円以上となってやや高いですが
それ相応の満足感はあります。

少し距離がある山水園、ラ・メールなども
優雅に花火と食事を楽しめる場所です。

カップルで観光で来られる方向けの穴場としては
門司港ホテル、ルートイン門司港などへの宿泊と
199沿線のラブホテルでの観覧もアリです。

小倉北区〜門司港のラブホテルは
関門海峡を一望できるようになっています。
どこも当日は眺めの良い部屋は早い者勝ちのようですが
ペーパームーン(福岡県北九州市門司区元清滝2-3)は
ホテル自体が少し穴場かもしれません。
あとは、和布刈方向に
ジャングルバナナ(福岡県北九州市門司区旧門司2-1-9)があります。

海峡花火大会までに新たな情報が入りましたら追記していきます!

当日、門司港では26:00までボランティアによる清掃活動が行われています。
ゴミの持ち帰りやマナーのご協力はもちろん、
渋滞が落ち着くまでの時間、協力したいと思ってくださるかたは
主催の関門海峡花火実行員会(093ー331ー8781)までお声がけください。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 7月15日
    トラックバック:ぱふぅ家のサイバー小物