プチプラ?デパコス?ベスコスはどれ?美容雑誌やブログと口コミが多いけど、一体何がいいの?を解決☆

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


ちょっと体調を崩して、入院をしていた間に
インスタの影響もあってか美容ブログがいっぱいになってました。
雑誌も増えてて、3年前は知らなかったコスメブランドが
ベストコスメとしていっぱい紹介されて浦島太郎状態です。

最初は「うわぁー」と放心状態。
次にベスコスとして紹介されている回数の多いコスメをピックアップ
購入しやすいプチプラを中心に買い漁ってみました。

ホント、たくさん買って試してみてたんですけどね。
あまりに美容家とか美容研究家とかの方がブログとかされているので
『私が今更、ブログを再開してもなぁ』と思って
ブログからもメイクからも遠ざかっていました。

溢れる情報にたくさんの移りゆくベスコス。
プチプラにデパコス・・・一体どれがいいのか。
私自身も旅人になってました。

今思えば、それまで通りにしてればよかったんです。
まず、ネット記事などで目にしやすいプチプラコスメの口コミ
“プチプラなのにスゴい“というのに踊らされた私です。

片っ端から買ってみたけど、なんかテンション上がらないんです。
満足感が低い。

そして、毎月生み出されるベストコスメ✨
中でもLDK the beautyという雑誌は
毎月あらゆる角度からコスメを試してベスコスを提示してくれます。
角度を変えるとどんどん順位も変わっていきます^^;衝撃です。
財布がまったく追いつきません。

年始に2018年のベストコスメを紹介する雑誌をはじめ
美容雑誌、メイクの本、コスメの本、美容の本・・・・・
何十冊と読みまくりました!

ここで私なりのMyベストコスメの口コミのみつけ方をご紹介します‼︎

Sponsored Link


まず、好きなメイクが多い♪ モデルさんが好き♪ 雰囲気が好き♪ 年代がちょうどいい♪
と、思える雑誌や本に出会えると楽になります。
それぞれの本にはおそらく決まったスポンサーがいて、狙った読者層がいます。
そこにハマってみると、まず年代の違うコスメや好みと違うコスメとの出会いが減ります。

私はLDKと美的を毎月購入していたのですが
コスメが好きなのではなく、それを使ったメイクが好きということに気づいて
まずLDKと距離を取ってみました。
あと、読んでみると、&ロージーやヴォーチェの雰囲気やモデルさんが好き❤︎
そうなると、紹介されるコスメがプチプラからデパコスに変わりました。

ドラックストアやプラザなどで勝手に試して買うプチプラと違って
ブランド店舗を探して、カウンターに出向き、
ビューティアドバイザーの方に施してもらうデパコス
つい見栄を張って買ってしまったり、違うものを勧められて買ったり
ちょっとしたリスクもはらんでいるのですが
気分がいいんです。使い方もわかるし、綺麗にしてもらえるし♪

そしてデパコスを購入する機会が増えてきてふと思いました。
『プチプラなのに・・・・』『プチプラでもデパコス並み・・・』
プチプラはこの価格なのにスゴいという前置きが付いている。
同じ土俵ではないことがあるのでは?と。

コスメは同じ成分でも品質に差があります。
ただ、ある一定の価格帯を超えるとその成分の品質には差がなくなる。
といわれています。
プチプラとデパコスは成分の差があるのはほぼ間違いありません。
粉の粒子の細かさ、安全性の高さは多少なり差が出て仕方ないはずです。

使い比べると、粒子の細かさは差を感じます。
プチプラの中には敏感肌かぶれも起きました。
目元、口元は安全性が高い方がいいな。と思って
私はアイシャドウ、リップ類をデパコスに戻しました。

節約が必要な学生さんや若いママさんは、美的が強い味方になる気がします。
私のようなアラフォーには&ロージーや美的グランが勉強になりました。
アラサーやプレママにはマキアやヴォーチェが旬を届けてくれる気がします。

私くらいのアラフォー、アラフィフの方は
デパコスを購入できるならわざわざプチプラを購入しなくてもいいんじゃないかな?
そのシーズンの流行にちょっと挑戦したいときは
プチプラや雑誌の付録のコスメで冒険してみるような活用がちょうどいい。
そう思いました。

そして、私のようにたくさんのベストコスメや口コミで戸惑っている方は
こんな情報削減法から自分なりのベストコスメを見つけてみるのもいかがでしょうか。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。