シャネル(CHANEL)アイシャドウベース『ラバーズオンブルアポピエール』くすみをとばす補正系の効果は?使い方は?値段と評価も口コミ

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


美的グラン2018年vol.1の
『山本浩未さん提案 いつものアイシャドウが「キレイに変換」する2種類のアイベース』で
好感度を上げたい日は“くすみをとばして生き生きまなざし”と
補正系アイベースとして紹介されたシャネルのラバーズオンブルアポピエール

気になって心には引っかかったものの
今まで使ってなくて済んでるコスメを新しく取り入れるなんて
一手間増えるし、出費も増えるし、なかなか・・・
よっぽどアイメイクの悩みが深刻にならないとしないものです。
私も同じく『あったらいいねー」くらいの気持ちでした。

ちょっと時間を持て余して、シャネルのカウンターに行った時に
何気なく手にとってみました♪

手の甲に伸ばしてみると、軽いジェルのようなテクスチャで
すーっと薄く伸びてすぐに馴染んでくれて、めっちゃサラサラ♪
ほんのちょっとで、すっごく伸びるのが面白くって試しまくりました。

実際に目元にも使わせていただきました。
いつも通りだと粉っぽくなりがちな目元が
アイベースでスッキリ、アイシャドウの発色もクリアになりました❤︎

私は加齢でまぶたの重みが出てきています。
何より長年の悩みは、笑いすぎな表情グセで
アイシャドウは粉があっちこちに飛んじゃうし
アイラインはすぐにパンダ目になるし、よれちゃう。
アイメイクの悩みは日々増えていく状態です。

とにかくよく顔全体で笑い続けてる人なんで
目元にコンシーラーを使うという一般的な方法だと
今度は表情ジワが強くなっちゃうんですよ。

美的グランのP56、P58ではこのシャネルのアイベースを
まぶたのひだ、まぶた中央、目頭、目尻、下まぶたに
手早く薄く伸ばしてくすみをとばして明るく整えていく手順が紹介されています。

シャネルのビューティアドバイザーさんからも同じように
使い方を教えていただきました♪

このようにまぶたに伸ばしていくと
目元がパッと明るく補正され、本当にくすみがとんじゃいます!

ここで、私のようにアイメイクが崩れやすい!という方に
私が試してみたオススメの使い方をご紹介します♪

ファンデーションを目元にはしない。もしくはかなり薄く伸ばします。
ルースパウダーやパウダーファンデーションは目元を避けておきます。
要は下地の上にアイベースをのせる感じにします。

目元用コスメなので、雑菌などを必要以上に招かないためにも
チップの先端は手の甲でなく、ボトルの口でしごいて余分な量を調整します。

チップでまぶたのひだ中央部分にアイベースをのせます。
小指で力を入れずすーっと伸ばします。
伸ばし方は、まぶたのひだ、まぶた中央、目頭、目尻、下まぶたと
美的グランの手法を参考に。
足りない時はまたチップを口でよくしごいてまた少量をまぶたにのせます。

この時点で、目元が明るくクリアになり、キメが整います。

アイベースがジェルテクスチャなのでしっとりしているので
アイシャドウやアイライナーが肌に密着するようにのります♪

ここからはアイシャドウをいつもより心持ち薄めにとって
いつも通りにアイメイクをしていきます。

Sponsored Link


目の周りの粉が幾重にも重なりあっていかないので
アイシャドウの飛びや崩れが軽減されます。

粉っぽく厚ぼったくなるのも避けられるので
頑張りました!メイクからも脱出しやすいです(*^_^*)

私が思い切って目元のファンデーションをカットする方法をとったのは
下地→ファンデーション→ルースパウダー→アイベースだと
目元のすっきり感がちょっとイマイチに感じたのです。
ベースメイクがしっかり密着していないと効果が半減しちゃう>_<

不安定な土台の上にアイベースで密着させても
化粧崩れと一緒にアイメイクも崩れてしまう。
そんな感じです。

この手法はちょっと冒険する要素のある使い方なので
皆さんもいろいろな方法を試してみてください。

で、こちらの
シャネルのアイベース『ラバーズオンブルアポピエール』
買いか否かというと、
くすみやアイメイクの崩れなどの悩みが大きい方には買いです!

私は目元の悩みが一番多いので、高評価したいですが
絶対に必須かというとそこまでは・・・が本音です。

ラバーズオンブルアポピエールのお値段は
6.5gで3,900円、税込で4,212円
持ちはグロス1本と変わらないくらいだと予想できるので
1年くらいとして、効果と天秤にかけて
判断してみてください。

ちなみに私はもう使って当たり前になってしまったので
次もリピしちゃいます(^-^;

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。