スタバのラッセルホブスコーヒーグラインダー7660JPの使い方のコツ!特徴と口コミも

この記事は2分で読めます

Sponsored Link


 

スタバで購入を検討しやすいコーヒー器具
ラッセルホブスコーヒーグラインダー7660JP ¥5,000

その特徴と使い方のコツをご紹介します。

特徴は
・使用するのはボタン一つ操作が簡単です。
・家庭で愉しむ量程度を挽くのに向いています。
・コーヒープレスで淹れる方に向いています。
・目で確認しながら、簡単に挽くことができます。
・お手入れは水洗いなしで楽です。
・音、かなり激しいです。
・挽きムラ結構あります。
・モーターがすぐ熱くなります。

と、いう事で、
コーヒープレスでその都度飲む分だけコーヒーを淹れる方に向いてます!
挽きたてでコーヒープレスで淹れた一杯は
コーヒー豆そのものの味わいが愉しめて
とっても美味しいです。
特に一人で愉しむことが多い方は
コーヒー豆の風味が落ちる心配も減るので絶対にオススメです!

 

 

使い方は簡単です。

この説明どおり、 たったこれだけ!
挽き時間は↓となっています。
IMG_4424

中挽き~細挽き(10~12秒)あたりがコーヒープレス用

ドリップコーヒー、コーヒーメーカーは極細挽きとなっていくつかコツが必要です。

 

 

では、プレス用の挽き方の紹介です。
IMG_4427
必要な分量のコーヒー豆をカップに入れて、 本体に装着、lockします。

 

IMG_4428
蓋をした状態での見え方は↑こんな感じです。
結構、はっきり見えます。

 

上部のボタンを押します。
かなり甲高い音がしますので、心の準備をされてて下さい。
挽き時間は書かれてありますが、
音とはやる気持ちで、数え方が早いテンポになりがちのようです。
多く数えるか、努めてゆっくり数えて下さい。

 

10秒程挽いた状態です↓
IMG_4429
少し粗めなくらいで一度ストップして、 カップの中身を混ぜます。
※上部は細かくなるのですが、下部の豆は挽けてないことが多いです。
 なので、必ず、上下を入れ換えるように一度混ぜて下さい。

 

 

上下を入れ換えてもう5秒程挽いた状態です↓
IMG_4431
これでも少しコーヒープレス用にしては粗い状態です。

 

 

そこで、挽き方が足りているかどうかの確認方法!

コーヒーは豆の挽き加減はお湯が接する時間に比例します。

接する時間が短いエスプレッソやドリップではより細かくして
お湯と触れ合う面積を多くします。

長い時間コーヒー豆とお湯が触れ合うプレスでは
少し粗めにして触れる面積を少なくします。

時間と面積が足りなかった時は
香りが少なく、味わいが薄い感じ、
風味が続くかず、後まで味わいが残りません。
水が固く感じられ、まろやかさがありません。

なので、コーヒーの風味より、水の強さが勝っている時
細かく挽いてみて下さい。

なんどか、確認しながらやっていくうちに
ちょうどよい挽き加減を見つけられると思います。

 

Sponsored Link


上記の特徴から、
ラッセルホブスコーヒーグラインダー7660JPは
プレス向きのコーヒーグラインダーなのですが
ドリップ用、コーヒーメーカー用も挽くことができます!

 

上手く極細挽きにするコツをご紹介します。

 

先程、説明したようにこのコーヒーグラインダーは
上部の豆は細かくなりますが、下部の豆はなかなか挽けません

なので、ドリップ用のココアパウダーのような挽き加減にするには
『5秒~7秒挽いて、上下を混ぜて入れ換える』
を、こまめに5セットほど繰り返します。

 

少し手間ですし、モーターも熱くなりますが
綺麗にココアパウダーのようなコーヒー豆に挽くことができます。

image image

 

 

使用後は、

付属のブラシでコーヒ豆を綺麗に払って保管して下さい。
水洗いはNGなので、くれぐれもご注意を!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。